熊谷・行田 の人気グルメ&レストラン

埼玉県北部に位置する熊谷・行田エリア。埼玉県北部を代表する都市である熊谷のメイン駅、熊谷駅の北口には、駅ビルアズ熊谷、ティアラ21、ニットーモールがあり、どれも駅直結のデッキで結ばれており一大ショッピングエリアとして多くの人がショッピングを楽しみます。また、周辺には飲食店も充実しており、買い物途中のランチやお茶に便利です。また日本一暑いことから、ご当地カキ氷「雪くま」も人気。他にもご当地グルメとして注目の「行田フライ」は、お好み焼きとクレープの中間のような人気の一品です。もっと見る熊谷・行田のおすすめの料理は、「焼肉」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「情熱九州酒場 とらえもん 」「カーヴ隠れや 熊谷店」「熊谷ブッフェレストラン サーフ&タ-フ 」です。おすすめのスポットは、「行田総合病院」「文殊寺」「熊谷総合病院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
熊谷・行田は埼玉県の北に位置する地域です。熊谷駅周辺は埼玉県北部最大級の繁華街。駅から直結した大型複合商業施設がありショッピングや食事を楽しむことができます。また、駅の周辺には西通り商店街や富士見商店街があります。居酒屋や洋食レストランなどの飲食店が軒を連ねており様々な種類の食事を楽しめるでしょう。
また、ご当地料理が沢山味わえるのも熊谷・行田地域の飲食店の傾向でしょう。フライと呼ばれる鉄板焼き料理や熊谷うどん、熊谷ホルモンなどがあります。

熊谷・行田のエリア情報

熊谷は江戸時代中山道の宿場である熊谷宿がおかれ昔から人の往来が多い地域でした。この様な歴史もあってか熊谷地域は埼玉県北部最大級の地域となっており、昔ながらのアットホームな飲食店や最近の流行を取り入れた飲食店など多種多様な種類の店舗があります。
行田は室町時代に忍城が築かれ、成田氏を中心とする武士団の本拠地として機能していた地域です。忍城は今では多くの観光客を集める観光名所になっています。行田の名物は十万石まんじゅうです。この菓子の名前は江戸時代、行田を統治していた忍藩の石高が十万石であったことに由来していると言われています。

ページ上部へ