小田原・南足柄 の人気グルメ&レストラン

小田原はシンボル的存在になっている小田原城をはじめ、登録有形文化財にも指定された歴史ある別荘などが建ち並ぶエリアです。相模湾を望む風光明媚な景色も散策に華を添えてくれます。
特産品は海の幸が多く、特に江戸時代後期にこの地で生まれたといわれる蒲鉾が有名です。歯ごたえのあるシンプルな蒲鉾以外に、チーズや明太子を中に入れたおつまみにぴったりな蒲鉾などバリエーションも豊富でお土産品として人気を集めています。他にも、塩を控えめにして素材の味を活かしたアジやカマスの干物もおすすめ。もっと見る小田原・南足柄のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「ホルモン」です。おすすめのお店は、「小田原 個室居酒屋 竹取御殿 小田原店」「小田原 バル 」「居酒屋 土間土間 小田原店」です。おすすめのスポットは、「石垣山一夜城歴史公園」「小田原循環器病院」「山北町役場」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
小田原は国から特例市の指定を受けている、非常に人口が多い市です。気候も比較的温暖で過ごしやすく、人々が多く生活している平野部以外にも、西は箱根に続いている山地になっています。南側には相模湾が広がっており、一つの街で様々な景色が楽しめる場所です。
山の幸も海の幸も豊富で、新鮮な食材を使った料理が食べられます。特に魚介類の鮮度は素晴らしく、それらを用いた寿司や和食料理のおいしさは神奈川県内でも屈指と言って良いでしょう。また、居酒屋やバーなども多く点在していています。

小田原・南足柄のエリア情報

小田原は、江戸時代の頃には小田原城を中心として、宿場町として栄えていました。昔から漁業が盛んで、豊富な種類の魚が獲れ、かまぼこなどの水産加工品の製造も昔から有名です。
昭和初期は関東大震災の震源地として大きなダメージを受けて、戦争では爆撃も受けました。そんな中、戦後は見事に復興を果たして、日本の高度経済成長期を東京のベッドタウンとして支えていました。
その時期に作られたお店は、昭和ながらもどこかモダンな雰囲気を漂わせており、歴史ある洋食店や喫茶店などの味が今でも楽しめます。さらに、そうした名店に加えて、地元の魚介類を使ったシーフード料理のお店も点在しています。

ページ上部へ