横浜中華街の人気グルメ&レストラン

神奈川県を代表する観光地である横浜中華街には、年間を通して多くの方が足を運びます。横浜市中区山下町一帯にあるチャイナタウンであり、エリア内には500店以上のお土産処・中華料理店・中華スイーツ店が軒を連ねています。日本では、神戸南京町や長崎新地中華街と共に三大中華街とされています。横浜高速鉄道の元町・中華街駅や近隣の日本大通り駅・石川町駅・関内駅からもJRでアクセスしやすく、横浜市営バスの「あかいくつ」は観光周遊バスとして、中華街停留所を有しているため、観光の足に困ることはありません。 もっと見る

このエリアの おすすめの料理は、「中華料理」「広東料理」「点心・飲茶」です。おすすめのお店は、「横浜大飯店」「山東」「海員閣」です。おすすめのスポットは、「横浜大世界」「ヨコハマおもしろ水族館」「社会保険横浜中央病院」です。ランチ情報も盛りだくさんです。

横浜中華街は神奈川県横浜市中区山下町一帯にある中華街(チャイナタウン)で中国人の日本最大の歓楽街として有名です。
日本に在住している中国人が経営している数多くの中華料理店が立ち並びます。一般的な中国料理のフルコースから、お手軽に食べることのできる肉まんなどを食べ歩きできるような場所まで多数あります。
中華料理と一言で言ってもその種類は多種多様で、四川料理、上海料理、北京料理、広東料理などの高級料理から、飲茶、中華料理の食べ放題などもあります。

横浜中華街の特集から探す

今月の特集

  • 旨いビールここにあり!
  • 中華街おすすめのお店
  • 個室でくつろげる中華街のお店

今月のお店

接待・会食におすすめのお店

格調高雅な名門店
会社での接待や会食、家族とのお祝いなど、大切な日におすすめの老舗をご紹介。
詳細はこちら

横浜中華街の人気料理ジャンルから探す

  • 四川料理
  • 上海料理
  • 北京料理
  • 点心・飲茶
  • 広東料理
  • レストラン一覧
Pick up!目の前で造りたて!お店ビールを楽しもう!

造りたてのビールをその場で飲むことができる“ブルーパブ”が話題だ。ブルーパブとは醸造所を併設したビアバーのこと。昨今のクラフトビールブームもあって、日本でも注目されている。なかでも英国風に格式張らず、コンビニに行く感覚でワンコインで楽しめる庶民的なミニブルワリー(小規模醸造所)が増えている。爽やかなラガーからコクのあるエール、個性的なフルーツビールまで、自慢の自家製ビールを気軽に楽しみたい。造りたてのビールが楽しめるお店

横浜中華街のそば(蕎麦)人気メニューランキング

2014/07/22更新

ぐるなびユーザーの投稿をもとに集計した横浜中華街の「そば(蕎麦)」おすすめメニューランキングです。



シーン目的から探す

こだわり2014/07/22更新

「パーティコース」おすすめ店

横浜中華街エリアで、こだわりが「パーティコース」のおすすめのお店をピックアップ!

  1. 熊猫飯店[一番人気:麻婆豆腐][一番人気:麻婆豆腐]熊猫飯店 
    フカヒレ姿煮と麻婆豆腐の豪華5,000円コース
  2. 龍城飯店 香港路店~リュウジョウハンテン ホンコンロウテン~[テレビ,雑誌大好評の店][テレビ,雑誌大好評の店]龍城飯店 香港路店~リュウジョウハンテン ホンコンロウテン~ 
    7800円50%3900円3時間5000円!
  3. 横浜中華街 梅蘭 金閣 上海料理[名物【梅蘭焼きそば】][名物【梅蘭焼きそば】]横浜中華街 梅蘭 金閣 上海料理
    梅蘭は、創業20年以上の中華料理店!!

横浜中華街の地図からお店を探す

お得な特典が使えるお店

ぐるなびの特典が使える横浜中華街のお得なお店

ポイント・マネーが使えるお店
全国共通お食事券 ぐるなびギフトカードが使えるお店

ランチのおすすめ情報

ランチタイムに行きたいお店をご紹介します。

ランチタイムのお店を、エリア・こだわりで検索

特別な日のためのレストラン

特別な日に行きたいワンランク上の横浜中華街のレストラン

プレミアム レストラン
高級 プレミアムレストラン
ワンランク上の人気店、老舗、高級レストランをご紹介。

横浜中華街のユーザー投稿 応援フォトギャラリー

エリア情報

横浜には入港できる港が開港された当時より、中国人の商人や取引仲介人・外交官などが外国人が、様々な商売をするために来日・移住するようになりました。
上海や香港との定期船航路が開港され貿易商を営む中国人が来日する際にその周辺に住む中国人が多かったために、現在の中華街の一角に学校や中国人のための広場や寺院などが作られました。その頃はまだ飲食店は少なかったものの、関東大震災の後から多くの欧米人は帰国してしまう中、多くの中国人は日本にとどまり生活をしていくために、今のような中国料理店を次第に増やしていったと伝えられています。