伊豆諸島・小笠原諸島 の人気グルメ&レストラン

伊豆半島の南東につらなる伊豆諸島、さらに南へ1000kmの太平洋沖には東京都特別区に制定されている小笠原諸島があります。気候的には亜熱帯地域に属し、南国的な雰囲気が漂っています。どちらも本土から地理的に遠く離れていることから、独自の生態系を形成し、手つかずの原生林や動物たちに囲まれているようすは、東洋のガラパゴスと呼ばれることも。食文化も独特で、島で獲れる魚を使った島寿司や島焼酎、マンゴーやパパイヤなどが有名です。伊豆諸島ではくさや、小笠原諸島ではウミガメの肉を使った料理など、この地方でしか見られない特産品も数多くあります。もっと見る伊豆諸島・小笠原諸島のおすすめの料理は、「焼肉」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「まんたて 」「オーベルジュサトウ 」「エイト 」です。おすすめのスポットは、「八丈島パークホテル」「湯の宿 くるみや」「八丈シーパークリゾート」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
伊豆諸島・小笠原諸島は、東京から南南東に位置する島々です。八丈島や大島などの伊豆七島を筆頭にして、観光地として知られるエリアです。浜辺では海水浴やサーフィン。太平洋で大物を狙う釣り船が出港するなど、多彩なレジャーを楽しむことができます。
島々が連なった地域ですから、魚介類がメニューの中心となり、近海で穫れた魚や海藻。お土産としては塩辛やクサヤなどが有名です。
飲食店も当地ご自慢の魚介類を取り入れたメニューが並びます。本土では味わうことのできない、新鮮な食材を楽しむことができるお店が並んでいます。

伊豆諸島・小笠原諸島のエリア情報

伊豆諸島・小笠原諸島は、それぞれに海の生活に密着した人々が住んでいるエリアです。歴史的に、小笠原諸島に最初に定住したのは、日本人ではなく欧米から渡ってきた捕鯨船で寄港した人だとされています。
先の大戦を契機に島々の様子は変わりますが、大正時代までは漁師の島として栄え、マグロやカツオなどの漁が盛んに行われていました。
今では、関東からだけではなく、日本中から気候の良い島々の自然を求めて観光客がやってきます。獲れたての海産物や土地の焼酎を出す民宿や飲食店などが、営業しています。

ページ上部へ