田町・三田 の人気グルメ&レストラン

JR田町駅を境に、北の三田エリアと、東京湾側の芝浦エリアに分かれます。江戸時代には大名屋敷が並んだ三田エリアは、現在は高級住宅地のひとつに挙げられています。慶應義塾大学にもほど近く、学生が好む低価格の定食屋や焼き肉店、ラーメン屋も目立ちます。以前は工場や倉庫街だった芝浦エリアは、1980年代のバブル期に再開発が進み、おしゃれなイタリアンレストランやディスコなどが並ぶベイエリアとして注目を集めました。現在は芝浦アイランドに代表される高層タワーマンションが次々と建設され、これらの住人を取り込む形で飲食店も増えつつあります。もっと見る田町・三田のおすすめの料理は、「寿司(すし)」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「産直素材と完全個室 九兵衛 三田・田町店」「北海道えりも町 個室居酒屋 和膳旬鮮 田町店」「個室×名古屋コーチン専門店 鶏心 三田・田町店」です。おすすめのスポットは、「曹洞宗 慈眼禅寺」「女性と仕事の未来館」「港区 スポーツセンター」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
大勢の慶應義塾大学の学生が行き交う三田エリア。キャンパスの中の三田演説館と図書館旧館は国の重要文化財にも指定され、明治の昔を忍ばせます。三田からJR田町駅をこえ海側に向かうと芝浦エリアになります。以前は倉庫街でしたが1980年代にはディスコやレストランがならぶベイエリアの最先端タウンでした。近年、再開発が進み芝浦アイランドなどの高層タワーマンションが次々と建ち、ファミリー層が多くなりました。
三田エリアは学生街ならではの低価格の飲食店が多く、ラーメン屋が目立ちます。一方の芝浦エリアはショッピング施設の中にたくさんの飲食店があります。

田町・三田のエリア情報

江戸時代には旗本屋敷があり、丘の上から月がよく見えたため「月の岬」と呼ばれていた三田。一方、その頃の芝浦はまだ干潟でしたが、明治に入り海水浴場、潮干狩り場としての賑わいを見せるようになります。その後、三田は一貫して文教地区として発展してきましたが、芝浦は倉庫街、最新ベイエリアスポット、高層マンションエリアと目まぐるしく街の様相を変えました。
今も昔も三田は学生に好評のリーズナブルな定食屋、とんかつ屋、ラーメン屋などが目立っています。芝浦はおしゃれなカフェイタリアンが多く、最近では子連れ向けのサービスも展開しています。

ページ上部へ