天王洲アイル周辺 の人気グルメ&レストラン

最寄駅は東京モノレール・東京高速臨海鉄道りんかい線の天王洲アイル駅。シーフォートスクエアや天王洲セントラルタワーなど、運河沿いに並ぶ高層ビルや商業施設を総称として天王洲アイルと呼ばれます。1980年代、当時は運河の船着き場や倉庫街にすぎなかったこのエリアで、再開発がスタート。水辺の夜景を眺められるレストランなどがオープンし、ウォーターフロントエリアとしてテレビや雑誌でも注目を浴び、人気のデートスポットとして話題になりました。現在も運河沿いを中心に、オリジナル醸造のビールをウリにするレストランなど、おしゃれなレストランが並んでいます。もっと見る天王洲アイル周辺のおすすめの料理は、「パスタ」「居酒屋」「イタリアン(イタリア料理)」です。おすすめのお店は、「東京ベイサイドクラブ 」「郷どり 燦鶏 スフィアタワー天王洲店」「中金 」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
1980年代に大規模都市開発によって誕生した天王州アイル。中心となるシーフォートスクエアにはホテル、オフィス、劇場、ショッピングモールがあり、さまざまなレストランが軒を連ねています。運河に囲まれたロマンチックなロケーションを生かした大人のためのフレンチ、イタリアンなどが人気で、80年代の代表的なデートスポットだった当時を忍ばせます。
最近では近隣の高層マンションに住む家族連れも増え、ファミリー向けのお店も目立っています。子連れ歓迎のカフェや個室のある和食など、まわりに気兼ねすることなく過ごせる店が人気です。

天王洲アイル周辺のエリア情報

1751年、この付近が海だった頃、海中から牛頭天王の面が引き上げられました。牛頭天王とは日本における神仏習合の神のひとつで祗園精舎の守護神です。天王の面が沈んでいた州、天王洲。その昔からの名前に、80年代の再開発に際して英語で島を意味するアイルを合体させたのです。
ウォーターフロントの夜景を楽しめるレストランなど、古き良きバブルの香りを今でも残すこのエリア。おしゃれなイタリアン、ソムリエのいるフレンチなども人気ですが、最近ではファミリーが気軽に過ごせるリーズナブルなダイニングやカフェも増えています。

ページ上部へ