テレビに出たお店ニュース

肉食女子大満足! もやし専門店で食べられる絶品巨大ローストポーク「もやし家」

お願い!ランキングテレビ朝日2014年7月10日 2時18分
7月9日放送の「お願い!ランキング 2部」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜1時56分)では、「新企画!美人お肉メニューハンターが美味しいお肉をハンティング」と題して、モデルの寒川綾奈さんが「もやし家」(東京都渋谷区)を訪れた。

さまざまなもやし料理を提供する同店で人気の肉料理が、「量り売り熟成ローストポーク」(1512円 税込み ※200g~)。くせが少ないハーブ三元豚を使用し、肉をいっそう軟らかくするため自家製の塩麹に漬け込むのがポイントとのこと。フライパンで肉に焼き目を付けて肉汁を閉じ込めた後、オーブンとその余熱で中まで火を通す。仕上げにブランデーでフランベすれば完成だ。もやし専門店なのに肉料理を出す理由は、同店のオーナーシェフが、フレンチ出身で肉料理も得意なため。

「量り売り熟成ローストポーク」を食べた寒川さんは「やわらかい! 豚肉のおいしさがすごい引き立っている」と驚きの表情を見せた。さらに「塩麹のおいしさ、豚肉の甘み、上にかかっているグレービーソースが口の中で追いかけっこしている」「豚肉のうまみがもやしに移ってめっちゃおいしい。ただのもやしじゃなくなっている」と、そのおいしさを表現していた。

■話題のお店に追加取材■
 緑豆もやしやブラックマッペ、ピーナッツもやしに大鰐温泉もやしなど、スタンダードな品種から、他店ではなかなかお目にかかれない珍しい品種まで、何種類ものもやしを取り揃えている「もやし家」。メインからデザートまでもやしを使ったユニークな料理が味わえることから、注目を集めている。

同店がもやしに着目したきっかけは、意外なところにあった。「当時の社長が『店名は野菜の名前をつけよう』と考え、いろいろと野菜の名前を使った店名の候補が挙がったのですが、『もやし』という響きにインパクトがあること、リーズナブルなイメージがあることから、この名前に決まったんです。それから、もやしの専門店にする方向でコンセプトが固まっていったんですよ」と店長の湯本さん。「店名も含めて、お客様の記憶に残るお店にしたい」という想いも込められている。

そんな同店一番のおすすめは「もやしときのこの風船焼き」(750円 税抜き)。たっぷり敷きつめられたもやしの上に、きのこやベーコン、ネギをのせて、鉄板の上でホイル焼きされた一品。焼きあがり、大きく膨らんだアルミホイルを破ると、まるで風船が割れたときのような音が出ることから、この名がつけられた。爽やかな風味のバジルとトマトソースがみずみずしいもやしと相性よく絡み合い、きのこの香りがふわりと漂う自慢の逸品。ほかにも、「もやし入りキッシュ」や「もやしアップルパイ」など、もやし専門店ならではの個性豊かなメニューがそろっている。「メニュー開発には苦労しました。色々なブランドのもやしを食べ比べたり、調べたりしながら、試行錯誤を経て、今のスタイルができ上がっています」と湯本さん。同店でしか味わえないこだわりのもやしグルメを満喫してみては。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。
この記事に関するお店
もやし家
[もやし料理 ダイニング]もやし家