有楽町・日比谷 の人気グルメ&レストラン

皇居の南側から日比谷公園にかけて、日比谷通り沿い一帯を指します。帝国ホテルや鹿鳴館など、上流階級の社交場だったかつての面影を残すこのエリアは、隣接する銀座エリアよりも大人な雰囲気が漂っています。日比谷シャンテや有楽町マリオン、イトシアといった商業施設と並んで、隠れ家的なお店が多いのが特徴。またJR有楽町駅から続く鉄道高架線沿いや、首都高速道路沿いにのびるコリドー通りには、庶民的な居酒屋やバール(バル)などが軒を連ね、仕事帰りのビジネスマン・ビジネスウーマンの憩いの場となっています。もっと見る有楽町・日比谷のおすすめの料理は、「焼き鳥」「寿司(すし)」「居酒屋」です。おすすめのお店は、「グラス 」「個室 和ダイニング 蔵ノ助 有楽町店」「博多もつ鍋 個室 永山本店 有楽町店」です。おすすめのスポットは、「日比谷公会堂」「ヒューマントラストシネマ有楽町」「第一ホテルアネックス」です。ランチ情報も盛りだくさんです。
当エリアの中心的存在は噴水や丹精込めた花壇に彩られた日比谷公園。日比谷公園には野外音楽堂もあり、さまざまな目的の人が集います。公園を出て日比谷通りを進めば日生劇場、東京宝塚劇場、帝国劇場があり観劇客も多いエリアです。隣接する有楽町には東京国際フォーラムがあり、国際的なコンベンションもしばしば開催されています。
観劇客から外国人客まで誰が訪れても十分なおもてなしができる、由緒あるレストラン、高級寿司店などが数多くある有楽町・日比谷エリア。一方で高架下には庶民的な中華、小料理屋などがならび、B級グルメも楽しめるという意外な一面もあります。

有楽町・日比谷 グルメヘッドライン

更新

有楽町・日比谷のエリア情報

観劇の街として発展を遂げてきた有楽町日比谷。明治・大正時代には有楽座という新劇の拠点がありました。昭和に入ると日本劇場ができて日劇ダンシングチームが大人気でした。現在でも東京宝塚劇場をはじめとした大型劇場が賑わいを見せていますが、シネコンができたことによって客層も若返りました。
宝塚ファンの女性グループから映画デートの若者まで、さまざまな人々に楽しいひとときの続きをプロデュースする心憎い飲食店が数多くあるこのエリア。パリにあるかのようなフレンチ、隠れ家的なバーなど、まるで舞台のような空間が用意されています。

ページ上部へ