ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

みたらし団子とあずき団子 データ提供:ユーザー投稿

たいやき データ提供:ユーザー投稿

データ提供:ユーザー投稿

たい焼き データ提供:ユーザー投稿

たい焼き データ提供:ユーザー投稿

たいやき データ提供:ユーザー投稿

たい焼き データ提供:ユーザー投稿

あずきだんご データ提供:ユーザー投稿

たい焼き データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

たいやき わかばが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    明治28年創業の「たいやき わかば」は、長く愛されている老舗たいやき専門店です。東京のたいやき御三家ともいわれており、テレビなどのメディアでも、たびたび取り上げられています。四谷駅から徒歩6分程であり、新宿通りを新宿方向に300mほど歩き、左に曲がった路地にあります。

    メニューは、「たいやき」(1尾140円)、甘口と辛口のある「みたらし団子」(1串120円)、「あずき団子」(1串120円)で、「あんこ」(600g840円、400g420円)の販売も行なっています。夏には、「かき氷」(500円~)が販売され、白玉入り(+130円)もあります。


    「たいやき わかば」のたいやきは、よく見かける複数つながった型は使用せず、一丁焼です。一丁焼とは、昔ながらの鋳型を使用し、職人が一つ一つ焼いていく方法です。複数を一度に焼いたものを養殖物というのに対して、天然物といわれています。一丁焼ならではのパリッとした薄皮にうっすらと焼き色がついて香ばしく、塩味の効いた餡がしっぽまで惜しみなく入っています。夕方までに売りきれてしまうこともある、みたらし団子も人気商品です。

    店内にはイートインスペースがあり、お茶や水はセルフサービスで、無料でいただけます。店内飲食の場合は、たいやきや団子はお皿で供されます。お皿や湯飲みはたいやきの絵入りで、お皿には「鯛焼きのしっぽにはいつもいっぱいあんこがありますやうに。四谷に住む安藤鶴夫」と四谷在住の演劇評論家の言葉がともに描かれています。店内などで目にするたいやきの食べ方には、「殿方は頭から、ご婦人は尻尾から、召し上がっておられます」と書かれています。昭和のノスタルジックな雰囲気で和める空間です。

    持ち帰ったたいやきを冷凍保存しておき、自然解凍後、電子レンジとトースターで温め直していただくこともできます。

    行列に並んでも食す価値のあるたいやきが味わえるお店です。朝9時から夜7時までの営業ですが
    、材料が終了すると閉店となります。日曜日は定休日です。

    続きを読む
  • テレビ

    グッド!モーニング(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    テレビ朝日  放送

    昭和28年創業のたいやき店です。 四谷を散策したコーナーで紹介されました。

たいやき わかばの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

たいやき わかば

タイヤキワカバ

電話番号
  • 03-3351-4396
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ南北線四ツ谷駅2番口 徒歩5分
営業時間 月~金
09:00~19:00


09:00~18:30

祝日
09:00~18:00
定休日
  • 日曜日

四ツ谷/四谷にあるスポット

四ツ谷/四谷には四ツ谷駅や 迎賓館紀尾井ホール 等、様々なスポットがあります。 また、四ツ谷/四谷には、「明治記念館」もあります。JR信濃町駅から徒歩3分の好立地にある『明治記念館』では、神前式での婚礼を始めとして様々な宴会・会合などが開催されています。庭園でのビアガーデンなど、通常のホテルでは得られないサービスもあります。高層ビルのない広大な空だけが広がる景色の中で、籐の椅子に腰掛けてシェフによる和・洋・中の料理とビールを味わえるビアガーデンは一番の評判で、クラシックの生演奏や日本舞踊の演出が、さらにその贅沢さを高めています。館内には他にも、懐石料理、中国料理、天ぷら・鉄板焼きなどが味わえるお店などもあります。この四ツ谷/四谷にあるのが、和菓子「たいやき わかば」です。