ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

フレーグラ データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

ラ スコリエーラが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「ラ スコリエーラ」は東京メトロ千代田線赤坂駅の3b出口から徒歩約8分のところにある、美味しい南イタリア魚介料理が楽しめる人気イタリアンレストランです。
    駅を出てすぐ見えるTBSのビル沿いを道なりに歩き、左手に保育園が見えるT字路を右折。そのまま国道246号線に向かう道路を直進していくと246号線とぶつかる手前に店舗が見えてきます。

    外観は素敵な石造りの建物で、綺麗に手入れの行き届いた植木とのバランスがモダンな印象を与えます。外から見えるテラス席は暖かな気候のときには是非利用したくなるような、開放感のある作りのレイアウトです。全面ガラス張りの大きな窓から店内が一望できる演出にも気取らないカジュアルさが感じられ好感が持てます。店内は高さのある天井と、品の良い照明が贅沢な気持ちにさせてくれる心地よい空間づくりを実現。ますます料理への期待感が高まるのではないでしょうか。

    人気メニューのワラサのグリルはぷりぷりとした食感に、添えてあるレモンやオレンジが出すちょっぴり柑橘系の風味が絶妙にマッチしている逸品です。旨みの凝縮された中にも心地よい口あたりで、なんともいえないサッパリ感がたまりません。

    魚介のフレグラは本場のイタリア人をも唸らせたという逸話もあるほど、ぎっしりと詰まった魚介のエッセンスが独特な米粒状のパスタと相性バッチリで、どんどん食が進みます。パスタの具も、えびやいかはもちろん、アサリやハマグリ、まて貝などをふんだんに使っているのでボリューム感たっぷりです。ティラミスもここに来たら一度は必ず食べたい絶品デザートです。

    上品な甘さと忘れられない口どけが印象的。メニューに肉料理が一切ないというお店のこだわりも、八丈島で漁師をされているオーナーの徹底した情熱が感じられ、一層魚介料理に対する愛情を感じることができます。月1回の頻度で行っている子供連れでも気兼ねなく食事を楽しめる「バンビーノ・デイ
    」があるというところにもお店の心配りが感じられ、まわりに教えたくなるような素敵なお店です。

    続きを読む
  • テレビ

    王様のブランチ

    TBS  放送

    2月13日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前09時30分~)では、有名人がプライベートでこっそり通う「常連めし」を特集。俳優の鈴木亮平さん、リポーターの鈴木あきえさん、小林麗菜さんが「南イタリア魚介料理・ラ・スコリエーラ」(東京都港区)を訪れた。

    東京メトロ・青
    山一丁目駅から徒歩8分ほど、青山通り沿いにある超高層オフィスビルの地下1階にある同店は、「金目鯛のオリーブオイルと香草のオーブン焼」「前菜の盛り合わせ・8種」など、魚介をふんだんに使用した南イタリアの郷土料理を味わえるお店だ。

    鈴木亮平さんが「大人の味だなと思った」「素材を活かした海の味がそのまま伝わってくるような気がして、すごい好きなんですよ」と、初めて食べたときの印象を語ったイチオシのメニューは「自家製本マグロのカラスミとブロッコリーのスパゲッティ」。本マグロの魚卵を2日間塩漬けにし、常温で半年ほど熟成させた自家製のカラスミを使用している。カラスミの味をダイレクトに味わえるよう、作り方は至ってシンプル。まず、オリーブオイルにニンニクを入れ、オイルに香りを移す。さらに、刻んだブロッコリーとパスタを加え、すりおろしたカラスミをかけて味を整えれば完成だ。
    食した鈴木あきえさん、小林麗菜さんは「余計な食材が使われていないのでカラスミの濃厚さがダイレクトに感じられます」とコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

ラ スコリエーラの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

ラ スコリエーラ

ラスコリエーラ

電話番号
  • 03-3586-8989
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ千代田線赤坂(東京都)駅3b口 徒歩7分

赤坂にあるスポット

赤坂には赤坂駅や アメリカ大使館akasaka Sacas(赤坂サカス) 等、様々なスポットがあります。 また、赤坂には、「サントリーホール」もあります。名指揮者カラヤンの助言を得て設計されたサントリーホールの大ホールは、後にカラヤンをして「音の宝石箱」と言わせた日本を代表する名コンサートホールです。日本初のヴィンヤード(ぶどう畑)形式により、通常のホールと異なり、舞台背後にもP席と呼ばれる客席があります。ちなみ座席もこの形式にちなんでワイン色が採用されています。小ホールのブルーローズは演奏者を間近に感じられる設計。レストランやカフェはアークヒルズの他、すぐ隣の泉ガーデンにも充実しています。アクセスは地下鉄六本木一丁目から3分、溜池山王から5分。この赤坂にあるのが、イタリアン「ラ スコリエーラ」です。