• 治作とは・・・
    昭和六年(1931年)、つきじ治作は初代総料理長兼店主、本多次作により創業されました。東京進出にあたり、本多次作は、東京人の味覚、江戸前の味にこだわりました。東京で自分の店を成功させるためには、東京人の味覚に合った物を提供しなければならないと考えたのです。そのため、自分以外、九州の料理人は一人も使わず、東京で自らが見込んだ料理人だけを採用したのです。
     本多は治作名物の水炊きを、その製法のみ伝え、東京の料理人に作らせたといいます。料理人が変われば、当然料理の味も変わります。双方の味の摺り合わせには、相当の苦労があったと聞きます。そうして幾多の試行錯誤の末、つきじ名物「鳥の水炊き」が完成したのです。この水炊きは、現在でも、「水炊き番」と呼ばれる専任の、たった一人の料理人により、かたくなにその味を守られているのです。

銀座 治作 のサービス一覧

銀座 治作
  • TEL03-3542-5877