• 千葉より産地直送!減農薬野菜です。あまみが違います。

  • 和歌山の雑賀先港から直送の魚介類



  • スローフードに対してのこだわり

    わたしがスローフードといって素材にこだわり、
    添加物等を極力使用しないお料理に邁進するには訳があります。
    家族が添加物に対してアレルギーがあります。
    添加物を摂ると喉が渇き、唇に症状がでます。また独特な倦怠感が発生します。
    恐らく大小の差はあれ、皆様それぞれの症状がでると感じます。
    おなかを下す方もおられるみたいです。

    先日の週刊誌に食品に関して興味ある記事が載っていました。抜粋いたしました。

    ------------------------------------------------
    「品目別 食べてはいけない!」

    ●ブロイラーの鶏はエサとして抗菌剤を食べさせられているので、体内の菌が耐性菌になって

    いる。
    抗菌剤を使わず、飼育の方法が表示させていれる鶏肉を選ぶ。

    ●ヨードの過剰摂取は甲状腺に支障が起きる可能性あり。
    ヨードの卵の他、特定の栄養素が強化されたブランド卵は、避けたほうが良い。
    良い卵は、有精卵、平飼い、生産者の名前入りで、遺伝子組み換えでないエサを使用してるも

    の。

    ●ある弁当の表示を見てみると、「調味料(アミノ酸等)、ph調整剤、グリシン、酸味料、カロテノ

    イド色素、香料」と
    書かれており、一見、食品添加物の使用が少ないように見える。しかし、だからと言って安心は

    出来ない。
    食品添加物の多くが「一括表示」という隠れ蓑によって、まったく表示されていないのだ。
    食品添加物の一括名としては、「イーストフード、ガムベース、かんすい、苦味料、酵素、光沢剤

    、香料、酸味料、軟化剤、
    調味料、凝固剤、乳化剤、ph調整剤、膨張剤」。
    たとえば、表示の中に「調味料(アミノ酸等)」と書かれていた場合、L-アスパラギン酸ナトリウム

    、DL-アラニン、
    グルタミン酸ナトリウムなど何種類もの添加物が該当し、そのうちいくつが使われているのか分

    からない。
    グルタミン酸ナトリウムなどは化学調味料である。
    それを堂々とアミノ酸として食品に添加しているのだ。
    格安の弁当は、概して20種類以上の添加物が使われていると考えてよい。
    中国産の冷凍食品を大量に購入して、日本で加熱する。そうでなければ、格安の惣菜・弁当は

    不可能。
小杉
  • TEL0120-51-6120