• 関東と関西では鰻の調理法が異なり、関東では背から鰻を開きます。その後、素焼き、蒸し、タレをつけての本焼きというように蒲焼を仕上げます。江戸が文化の中心であった関東では、侍の切腹をイメージさせないために、腹を割かない調理法が好まれたようです。関西では蒸さずに焼きを重ねるため、関東の蒸した蒲焼よりもサクッとしているのかもしれません。しかし、時代も食文化も長い期間をかけて変化しているため、現在は必ずしもこの限りではないように思います。当店で仕上がる蒲焼は、関東風のポテッとした食感というよりは、外がサクッとしていて、中身はトロッとしている食感です。この食感が酸味の効いたタレにも合っていて、ご飯やお酒の旨味も引き出してくれます。当店の「粋」な蒲焼を是非お召し上がりください。
鳥かど家
  • TEL050-5796-0661