こだわり1 老舗

東京のカウンター割烹の草分けの店

高級料理はお座敷という時代、大正13年大阪新町にて創業。昭和3年東京銀座に店を移し初めてカウンター割烹を取り入れる。旬の最高の素材で仕込には格別に注意を払い、「自然のままの味」を常に心がけている。90年以上、味を受け継ぎ、支店をつくら作らず主人自ら調理場に立ち、三代の女将が揃ってサービスに努める。

  • 三代目塩見彰英。慶應高校2年時より板場の修業に入り、「本店浜作」創業者である祖父、塩見安三に師事。徹底的に一から学び浜作の味を継承。祖父が残した教訓を今も固く心に誓い、日々の料理に取り組んでおります。

  • 上質の天然物のみ取り扱う。三代目自ら毎朝河岸へ通い、目で見て値段ではなく一番良いものを使用。
    毎日使いきり、次の日へは回すことはない。台風などで入らない日は「ない」と、天然の良い物のみお出しするというこだわり。

こだわり2 完全個室

落ち着いた大小5つの完全個室

1階はカウンター席と大小のテーブル席、2階から4階は大小5つの座敷となっています。人数に合わせてお部屋をご用意いたします。18畳の広々としたご宴会向きの個室は最大20名様までのご利用が可能です。お昼は16,000円、夜は21,000円からのコースで接待・会食・ご宴会など、ごゆっくりとお愉しみいただけます。

  • 1階席はカウンターとテーブル席。けやきの一枚板は創業当時以来守られ、戦争にも耐え残ったテーブル。歴史を感じさせる風情溢れる空間でごゆっくりお過ごし下さい。

  • 少人数の個室もご用意ございます。人数に合わせてお席をお作りいたします。椅子席・お座敷など接待時などもおもてなしの際に事前になんなりとお申し付け下さいませ。

こだわり3 夜の接待に使える

最高級の食材で自然の味を愉しむ

質を見極め、その日の最高の食材を仕入れ、自然の味を活かしてお料理を仕立てます。ご予算と、食材のご要望などお伝えいただければ、一品一品吟味し尽くしたコースをご用意いたします。接待・会食・お祝いの際などに、どうぞお気軽にお問い合わせください。

  • オコゼはもともと夏場の魚と言われておりますが、獲れる場所では1年中美味しい素材が得られます。薄造りはオコゼの甘味が最もよくわかる大変美味しい料理です。肝、胃袋を添えてポン酢で美味しく召し上がっていただきます。

  • 名物の一つ、沢煮椀。椎茸、牛蒡、薄揚げ、三つ葉、豚の脂身、(季節により竹の子・松茸)などを細かく刻み、吸い汁でさっと焚いたもの。癖も無く健康にも良いと評判のお吸い物をご賞味下さい。

こだわり4 懐石

素材味活かした最高級のおもてなし

銀座「本店浜作」の伝統料理にはいくつかございますが、「鰈の煮下ろし」は特に皆様にご好評のようです。初代店主が創意工夫の末出来上がった料理です。油で揚げているにもかかわらずサッパリとした味でどなたにも好評です。鰈の他に季節よりアイナメ、オコゼ、鱧などでもお楽しみいただけます。季節の旬をご堪能下さい。

  • ご家族のお祝いの際には、縁起の良い祝い料理をお出しいたします。結納顔合わせ、還暦・喜寿・米寿などのお祝いなど、完全個室でおもてなしいたします。

  • お昼のお食事も、夜と同じく素材にこだわっております。一番人気の鯛茶漬けセットももちろん天然ものです。お昼の会食・ご接待にもどうぞご利用ください。

こだわり5 カウンター席

カウンターから日本が見える

最高級の素材を使い、料理人の腕に自信があるからこそ見せられる調理場。カウンターのすぐ向こう側で包丁を持ち、魚を捌き、煮物をし、焼き物を作る。出汁や焼き物の香ばしい香りが食欲をそそる。浜作のカウンターは包丁捌きが見やすいよう1段高い。日本にしかない料理人が目の前にいる世界、カウンターの醍醐味を味わう。

  • 料理と共に味わうお酒。日本酒は季節ものも楽しめる。お客様の好きなものを好きなだけ注文する。カウンター越しに会話も弾み、季節の旬をご堪能ください。

  • お客様に魅せる包丁捌き。春には鯛・カツオ・オコゼ、夏には鮎・ハモ・鰻、秋には最高級の松茸・牡蠣、冬にはフグ・蟹、オコゼなど、職人技を目の前でご覧いただけます。

本店浜作
  • TEL03-3571-2031