ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:ユーザー投稿

ぼんしゃん全部入り データ提供:ユーザー投稿

ぼんしゃん データ提供:ユーザー投稿

ぼんしゃん全部入り データ提供:ユーザー投稿

ぼんしゃん全部入り データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

九州じゃんがららぁめんが紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    「九州じゃんがららあめん 銀座店」は、東京メトロ銀座線、日比谷線の銀座駅A4出口より徒歩4分、東京メトロ日比谷線、都営浅草線東銀座駅A1出口より徒歩3分。昼はオフィス街であり、夜は繁華街の顔を持つ銀座の一区画にあるお店です。東京で根強い人気を誇るこちらのお店ですが、現在では都内に秋葉原本店、原宿店、赤坂店、日本橋店、神田西口店と、着々と勢力を伸ばしています。実は本店は秋葉原。創業1984年、ラーメン屋としては長い歴史を持っています。

    看板には富士山を思わせる賑やかな絵が描かれ、のれんも華やか。座席数はテーブルで16席。こぢんまりとした店内は相席になることも多いようですが、手作りの仕切りも用意されるなど、お客さんへの心配りもしっかりされています。料金は前払い制で、まずはどの味を選ぶかを決めて、レジで支払いをするスタイルとなっています。

    定番メニューは、店名にもなっている通り九州じゃんがら。野菜と、鶏がら、豚骨を使ったマイルドなスープが特徴です。チャーシューときくらげを味わいながらすするスープの旨みは、まさにじんわりくる温かさ。胃の中を優しく温めてくれます。麺は博多風の細麺で、固さを好みで選んだり、紅しょうが、辛子高菜を加えて味の変化を楽しんだり、九州ラーメンはお楽しみが一杯です。

    また、独特の香りでファンを掴む、こってりスープ、【ぼんしゃん】。豚骨の骨髄液がたっぷり使ってあり、コラーゲンでぺとぺとする唇になるほどですが、意外にあっさりと食べられます。【こぼんしゃん】は、九州熊本風の仕上げで、【ぼんしゃん】に、香りたつ独特のニンニク風味を加えたもの。他にも、この店でしか味わえない、個性的なメニューがこれでもかと並ぶお品書きは圧巻です。

    バラエティ溢れるメニューや、トッピングの数々、もちろん九州・博多ラーメンの魅力が一挙満載で楽しめるエンターテインメントなラーメン店。とんこつのスープで、お肌
    と胃袋を潤しにいってみてはいかがでしょうか。

    続きを読む
  • テレビ

    スーパーニュース(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    フジテレビ  放送

    九州のこだわりのじゃんがらラーメンなどがいただけるお店です。 銀座の行列の生むラーメン店を取り上げたコーナーで紹介されました。

九州じゃんがららぁめんの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

九州じゃんがららぁめん

キュウシュウジャンガララァメン

電話番号
  • 03-3572-3025
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ日比谷線東銀座駅A1口 徒歩3分

銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)にあるスポット

銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)には東銀座駅や 三井ガーデンホテル銀座プレミアミレニアム三井ガーデンホテル東京 等、様々なスポットがあります。 また、銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)には、「新橋演舞場」もあります。『新橋演舞場』は、東京都中央区銀座6丁目にある劇場で、松竹の主要な劇場として、歌舞伎・演劇・歌手による芝居公演などが日々上演されています。京都や大阪にある立派な演舞場や歌舞練場に倣う形で、この東京銀座の地に造られたのが1925年(大正14年)のことでした。その後、戦時中の空襲による焼失などを経て、昭和57年に新装されて現在に至ります。劇場内ではしっかりとしたお弁当の食事もできますが、演舞場近くのお弁当屋さんでアツアツのお弁当を手に入れたり、地元で50年以上愛され続けるカフェで、幕間に洋食ランチや喫茶を楽しんだりするのも楽しみ方のひとつとなっています。この銀座(旧松坂屋・銀座コア方面)にあるのが、ラーメン「九州じゃんがららぁめん」です。