ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

前へ 次へ

川崎大師の門前町に350年以上、11代にわたる料亭。江戸前の蛤を使った蛤なべは有名だが、江戸前のあなごや魚を使った和食は絶品の一言。お祝い、法事、商談など個室利用がおすすめ。

データ提供:昭文社

恵の本が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    newsevery.(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    川崎大師名物「蛤鍋(はまなべ)」がいただける日本料理店です。 東京湾と南房総で旬を迎えた海の幸を使って作られるグルメを特集したコーナーで紹介されました。

    newsevery.

    日本テレビ  放送

    8月25日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、東京湾と南房総で、旬を迎えた海の幸を使って作られるグルメを特集、リポーターの池田沙絵美さんが「料亭・恵の本」(神奈川県川崎市川崎区)を訪れた。

    同店は江戸時代にまで創業をさかのぼるという老舗の料
    亭だ。ここで味わうのは「穴子重」(2300円/税込み)。2匹のアナゴを香ばしく炙り、甘さを抑えたタレを塗ったお店の名物料理だ。
    お箸をのばした池田沙絵美さんは一口食べるや表情を変え、「香ばしい!」とまず一言。つづけて「表面はパリッとしてるので香ばしさを感じるんですけど、中身はふんわりなんですよ」とコメント。さらに「口の中に入れた瞬間にほろほろと穴子の身がほどけていくくらい柔らかくて、優しい甘みですね…」と旬の穴子の味わいに感動した様子。余韻を噛みしめながら「繊細な味なんですよ」とコメントを締めた。

    同店ではほかに、穴子をやわらかく煮て、その煮汁をタレに使った7貫セットの「穴子寿司」(2300円/税込み)など、東京湾の江戸前穴子を使った料理を味わうことができる。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

恵の本の基本情報

店名

恵の本

エノモト

電話番号
  • 044-288-2294
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 京急大師線川崎大師駅から徒歩5分
駐車場
  • 無料
営業時間 11:00~15:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)、日曜、祝日の夜は~19:00(L.O.)
定休日
  • 木曜(盆時期休、年末休)
平均予算
  • 5000円(通常平均)

データ提供:昭文社

川崎にあるスポット

川崎には東門前駅や ラゾーナ川崎プラザ川崎大師 等、様々なスポットがあります。 また、川崎には、「チネチッタ」もあります。12スクリーン約3200席の首都圏最大級の客席数を誇るシネコンこの川崎にあるのが、割烹「恵の本」です。