ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

抹茶かき氷 データ提供:ユーザー投稿

白小豆ぜんざい データ提供:ユーザー投稿

ほうじ茶かき氷 手亡豆 データ提供:ユーザー投稿

抹茶あずき データ提供:ユーザー投稿

ほうじ茶かき氷 データ提供:ユーザー投稿

抹茶ソフトクリーム データ提供:ユーザー投稿

抹茶あずき データ提供:ユーザー投稿

抹茶かき氷 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

「茶師十段」の日本茶と日本茶かき氷

【冬メニュー】全国に5人しかいない「茶師十段」が厳選し自らお淹れする日本茶と地元世田谷の銘菓。十勝産小豆を粒よりして丁寧に炊き上げ、新潟産こがね餅の焼き色にもこだわったぜんざい。
【夏メニュー】伝説の名店「鈴の茶屋」ゆかりの抹茶かき氷。炒りたてほうじ茶を使った渋甘ほうじ茶かき氷。

しもきた茶苑大山が紹介されたメディア情報

  • テレビ

    にじいろジーン

    フジテレビ  放送

    9月13日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系、毎週土曜午前8時30分)、「ぐっさんを連れて行くならこんなトコ!」のコーナーでは、俳優の船越英一郎さんとタレントの山口智充さんが「しもきた茶苑大山」(東京都世田谷区)を訪れた。

     同店は茶のスペシャリスト・茶師十段
    のいる日本茶専門店。 2階には喫茶室があり、自慢のかき氷を1年を通じて楽しむことができる。特に人気なのは「抹茶あずき」や「ほうじ茶あずき」(いずれも770円 税込み)。「ほうじ茶あずき」は特製のほうじ茶蜜が楽しめるかき氷。シンプルかつ濃厚な味わいのシロップは、お茶の専門店だからこそできる味だという。

     「ほうじ茶あずき」を口にした山口さんは「うまい。これ、このお茶の味がすっごい引き立ってる」と、ほうじ茶の濃厚な味に満足げな様子。船越さんも一言「うまい」と声を漏らし、恍惚(こうこつ)の表情を浮かべた。続いて「抹茶あずき」を口へ運んだ山口さんは、「抹茶うまい。しゅわっと抹茶のコクとにがみがグンとくる。甘みのバランスもいい」と絶賛し、「なんかすごいなあ。かき氷ひとつで感動できる」と感嘆していた。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

しもきた茶苑大山の基本情報

店名

しもきた茶苑大山

シモキタチャエンオオヤマ

電話番号・FAX
  • 03-3466-5588
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。

  • FAX:03-3466-5524
住所
アクセス
  • 小田急線 下北沢駅 北口 徒歩1分
  • 京王井の頭線 下北沢駅 西口 徒歩2分
営業時間 月~日
ランチ・ディナー 14:00~18:00
定休日
  • 不定休日あり
  • (月曜日の他4月、5月、10月、12月に長期休業あり)
平均予算
  • 800円(通常平均)
予約キャンセル規定
  • 直接お店にお問い合わせください。

席・設備

総席数

12席

禁煙・喫煙
  • 店内全面禁煙

下北沢にあるスポット

下北沢には下北沢駅や 北沢公園森巌寺 等、様々なスポットがあります。 また、下北沢には、「北沢タウンホール」もあります。さまざまな用途に対応できる294名収容のホールと、タイプの違う4つの集会室のある施設。東京のオフ・ブロードウエイとして演劇や音楽など、さまざまな文化を送り出してきた下北沢のランドマーク的存在であり、演劇や音楽だけではなくダンス、お笑い、格闘技などジャンルを超えた「なんでもあり」の多目的ホールとして、下北沢の街の中でもひときわ異彩を放っています。また会議や趣味のサークルに使える3つの集会室、ちょっとしたパーティーやソシアルダンスの場として最適なスカイサロンといった施設も併設しており、多くの人に利用されています。この下北沢にあるのが、日本茶喫茶「しもきた茶苑大山」です。