ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

データ提供:昭文社

とうふまんじゅう データ提供:ユーザー投稿

とうふまんじゅう データ提供:ユーザー投稿

おからまんじゅう データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

江戸時代創業の湯豆腐の老舗。地下に工場があり、作りたての豆腐料理が堪能できる。メニューはコースのみ。「一通り」は湯豆腐に天ぷら、田楽、とろろ汁、ご飯が付く。

データ提供:昭文社

テレビ

「淳・ぱるるの○○バイト!」

フジテレビ   放送

12月1日放送の「淳・ぱるるの○○バイト!」(フジテレビ系、午前01時30分~)では、京都のお店で働くかわいすぎるバイト女子を探し、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんらが「総本家・ゆどうふ・奥丹清水」(京都府京都市東山区)を訪れた。

同店は豆腐料理を中心とした精進料理が
味わえる老舗。創業は江戸初期、1635年にまでさかのぼる。日本家屋風の門をくぐり、渡り廊下を通ってお部屋に通されると、庭が一望できる和室のテーブルには湯豆腐一式が既に並べられている。
ふたりが味わうのはコースメニューの「昔どうふ一通り」。中央に鎮座する鍋の蓋を開けると、円状に並ぶ湯豆腐が現れる。鍋の中をのぞき込んだ田村淳さんが「何か入ってる」と言うように、中央には湯豆腐と一緒にお出汁の器が温められている。
れんげで取った湯豆腐に温かいをお出汁をかけて食べると、田村淳さんらは「うん、美味しいです」「うぅーん、美味しい!」などと感嘆の声をあげた。
つづいて田村淳さんが箸を伸ばしたのは胡麻どうふ。一口たべると「ううーん! うん! 今までの胡麻どうふが嘘みたいだね! これが胡麻どうふですね!」とコメントした。
コースでは他に「木の芽田楽」などを味わうことができる。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。
続きを読む

「なないろ日和!」

テレビ東京   放送

8月13日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分~)では、京都の観光スポットとグルメを特集。タレントのにしおかすみこさんが「総本家・ゆどうふ・奥丹清水」(京都府京都市東山区)を訪れた。

 同店は江戸時代初期の1635年に創業した老舗の豆腐店。約600坪の広
さを誇る日本庭園を眺めながら、湯豆腐などの豆腐料理が楽しめる。

 番組では「昔どうふ一通り」(4320円/税込み)を紹介。こちらは湯豆腐や胡麻豆腐など、こだわりの豆腐料理の数々が楽しめるセット。お店の方によると豆腐は完全に自家製で、毎朝石臼で大豆を挽いて手作りしているそうだ。機械でやれば簡単だが、豆腐へ熱を与えないために手でゆっくり回して丁寧にすっていく。この一手間により、豆腐本来の旨みが堪能できると評判だそうだ。

 「昔どうふ一通り」のメイン、湯豆腐を口にしたにしおかすみこさんは「香りが全然違いますね!本当に豆の甘さがありますね」「やわらかいんですけど、木綿のしっかりした弾力もありますし、おいしい」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。
続きを読む

「横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都・美の音色」(番組情報提供:株式会社エム・データ)

関西テレビ   放送

370年の伝統を誇る日本最古の湯豆腐の名店です。 京都にある伝統的な食文化を巡る旅を特集したコーナーで紹介されました。

「2013開運だヨ!女芸人全員集合」(番組情報提供:株式会社エム・データ)

テレビ大阪   放送

370年の伝統を誇る日本最古の湯豆腐の名店です。 京都の開運スポットを巡り、宝くじを当てる旅で紹介されました。
更にテレビ番組情報を見る

総本家ゆどうふ奥丹清水の基本情報

店名

総本家ゆどうふ奥丹清水

ソウホンケユドウフオクタンキヨミズ

電話番号
  • 075-525-2051
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR京都駅から市バス206系統東山通北大路バスターミナル行きで15分、清水道下車、徒歩5分
営業時間 11:00~16:00(閉店16:30)、土・日曜、祝日は~17:00(閉店17:30)
定休日
  • 木曜、祝日の場合は振替休あり
平均予算
  • 4000円(通常平均)

データ提供:昭文社

円山公園・高台寺・清水寺にあるスポット

円山公園・高台寺・清水寺には祇園四条駅や 八坂神社知恩院 等、様々なスポットがあります。 また、円山公園・高台寺・清水寺には、「三十三間堂」もあります。『三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)』は京都市東山区にある仏堂です。もとは後白河天皇の離宮の一画に建てられた「蓮華王院」であり 本堂の柱の間数が33あるので三十三間堂と呼ばれるようになりました。 本尊である「千手観音坐像」とその左右の内陣にはそれぞれ十段の階段に50体ずつの千手観音立像、計1001体の千手観音像、風神・雷神像などが安置されています。全て表情が違うと言われ、自分にそっくりな観音様が一つあるとも言われます。市バスで博物館・三十三間堂前または、東山七条下車、徒歩すぐ。電車でのアクセスは京阪七条駅徒歩5分。この円山公園・高台寺・清水寺にあるのが、日本料理「総本家ゆどうふ奥丹清水」です。