ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

厚揚げ データ提供:ユーザー投稿

山椒麻ラー豆腐 データ提供:ユーザー投稿

大葉入り焼き餃子 データ提供:ユーザー投稿

肉味噌キューリ データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

中華屋山ちゃんが紹介されたメディア情報

  • テレビ

    ぴったんこカン・カン(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    TBS  放送

    1976年創業の中華料理店です。 2児の母である演技派女優の若さの秘密に迫るツアーの中で紹介されました。

    ぴったんこカン・カン

    TBS  放送

    8月5日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系、午後19時56分~)では、2児の母でもある演技派女優、永作博美さんの若さの秘密に迫るツアーを行い、TBSアナウンサーの安住紳一郎さんと永作博美さんの2人が「山ちゃん」(東京都新宿区)を訪れた。

    「辛いものに飢えていて、辛いも
    のが食べたいんです!」という永作博美さんが訪れた同店は中華料理の食べられるお店。中でも人気なのは5種類ものメニューを誇る。
    2人がまず頼んだのは「塩麻婆豆腐(中)」。フクロタケ、コバシラ、砕いた干しエビなどが入った一皿だ。白米と一緒にぱくりと食べた永作博美さんは「海老がいきなり…すごい色んな味がする!」とコメント。つづいた安住紳一郎さんも「あらら!初体験!食べると美味しいひき肉とキノコの炒め物というか…」とコメントした。

    辛い物が好きだという永作博美さんはお店で一番辛い「四川麻辣豆腐(中)」にもチャレンジ。四川山椒を用いたひときわ辛い一皿で、作っている途中から安住紳一郎さんが「もう厨房から来てますよ!」と辛味をまとう空気に驚きの声。
    いざ口にいれた安住紳一郎さんは「あっ、永作さんが言ってた、また、この、ここに来て具材ひとつの大きさと、噛みごたえがたまらないですけど、辛さは間違いありません!」とあまりの辛さに汗をかきながらコメント。「口が痺れちゃった」という安住紳一郎さんの脇で、ひょいひょいと箸を進める永作博美さんは「この痺れが、麻婆豆腐ですよね~」と満足そうにコメントした。


    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

中華屋山ちゃんの基本情報

店舗情報は変更されている場合がございます。最新情報は直接店舗にご確認ください。

店名

中華屋山ちゃん

チュウカヤヤマチャン

電話番号
  • 03-5261-1828
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • 東京メトロ南北線飯田橋駅B4b口 徒歩3分

席・設備

総席数

13席

神楽坂にあるスポット

神楽坂には飯田橋駅や ギンレイホール東京厚生年金病院 等、様々なスポットがあります。 また、神楽坂には、「毘沙門天(善国寺)」もあります。『毘沙門天(善国寺)』は、1595年(文禄4年)に創設された神楽坂にあるお寺です。創建当時は日本橋馬喰町にありましたが、幾度か火事に遭い、1792年(寛政4年)の火事の後、現在の神楽坂へ移転してきました。日本では四天王の一体として有名な毘沙門天が本尊として祀られていますが、正月、五月、九月の寅の日がご開帳日となっており、普段は御簾(みす)がかかっており見ることができません。善国寺の建つ神楽坂は表通りから1歩入ると石畳の静かな路地がいくつかあり、レンストランや料亭、カフェなどが多く見られます。この神楽坂にあるのが、中華料理「中華屋山ちゃん」です。