ネット予約して来店すると、ポイントやマイルが貯まる!

もつ煮定食 データ提供:ユーザー投稿

もつ煮定食 データ提供:ユーザー投稿

モツ煮込み データ提供:ユーザー投稿

もつ煮定食 データ提供:ユーザー投稿

もつ煮定食 データ提供:ユーザー投稿

もつ煮定食 データ提供:ユーザー投稿

前へ 次へ

※写真にはユーザーの投稿写真が含まれている場合があります。最新の情報と異なる可能性がありますので、予めご了承ください。

名物の「もつ煮定食」はトラックドライバーにも大人気。越後味噌と信州みそをブレンドした濃厚なスープの中には、とろとろのモツとコンニャクが入る。

データ提供:昭文社

永井食堂が紹介されたメディア情報

  • ぐるなびレポート

    群馬県の人里離れた国道沿いの山中にある「永井食堂」。渋川駅から関越交通桜の木行きバスで21分、暮沢で下車してさらに3分ほど歩くと、山奥とは思えない、常に行列の絶えないこちらのお店が現れます。

    行列を作る客の大半が注文する料理は、「もつ煮定食(590円)」です。こちらのメニューは、もつ煮と沢庵、味噌汁、ご飯といったオーソドックスな定食となっています。人気のもつ煮は、豚の小腸でもあるモツと群馬県の名産品コンニャクのみというシンプルな組み合わせです。臭味の全くない新鮮なモツを、濃厚な味噌味で煮込み、唐辛子の辛さとにんにくの香ばしさが加わって、ご飯が何杯でも食べられる味になっています。ご飯の量が、普通量で他店の大盛り程度のボリュームがありますが、あまりのもつ煮の美味しさに完食する人がほとんどです。食べきれないという女性の方には、嬉しいレディースサイズ(他店の半ライスくらいの盛り付け)も選べます。

    お店を訪れた人の多くは、モツそのものの味が楽しめると喜びの声を上げています。これまでもつ煮込が苦手だった人でも、もつ煮のイメージが一新してしまうくらいインパクトのある美味しさです。しばらく食べないでいると、どうしようもなく食べたくなってしまう人もいるそうです。常連客は、スープカレーのように残ったつゆをご飯にかけて、最後の一滴までもつ煮をいただきます。

    また、永井食堂の味をお家でも楽しめるお土産用の「特製もつっ子(1070円)」も用意されています。こちらはたっぷり1㎏のもつ煮が入っていて、1袋で約3人前となっています。お土産用のもつっ子は、お店、もしくは永井食堂ホームページからお取り寄せが可能です。群馬県までなかなか訪れることができない方は、こちらを利用するとご自宅でもお店の味が楽しめます。群馬県の山奥までわざわざ足を運びたくなる味のもつ煮定食。ぜひ一度、その味を確かめに訪れてみてはいかがでしょう
    か。

    続きを読む
  • テレビ

    月曜から夜ふかし(番組情報提供:株式会社エム・データ)

    日本テレビ  放送

    モツ煮専門店です。もつっ子の販売は09:00~19:30、土09:00~18:00、日祝10:00~18:00です。 各地の行列を調査し、お客さんが並んでいる理由を取り上げたコーナーで紹介されました。

    いきなり!黄金伝説。

    テレビ朝日  放送

    2月5日放送の「いきなり!黄金伝説。2時間スペシャル」(テレビ朝日系、木曜午後7時)で「県外からもわざわざこの1品を食べにやってくる 行列必至のローカル食堂を調査せよ」と題し、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富澤たけしさんが「永井食堂」(群馬県渋川市)を訪れた。

     来店客の9割が注文するという同店の「もつ煮定食」。具材は群馬県特産のこんにゃくと下ゆでした豚の小腸のみ。店主の永井さんによると豚の小腸は脂身が少ないのだという。みそは新潟と信州のものをブレンドして使う。さらにアクセントとなるニンニク、唐辛子、ごまなどを加え、味がなじむまでじっくりと煮込む。最後に牛乳を加え、まろやかさをプラスし、2時間煮込めば名物もつ煮込みの完成だ。

     伊達さんは「うまい! シンプルですよ。もつとこんにゃくだけ」と笑顔でコメント。さらに「スープがべらぼうにうまい。最高にうまい」と人気の理由に納得の様子で食べ進めていた。続く富澤さんも「ウマーベラス! 最初甘いのが来て、それから辛いのが来る」と評した。

    ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

    続きを読む

永井食堂の基本情報

店名

永井食堂

ナガイショクドウ

電話番号
  • 0279-53-2338
  • ※お問合わせの際はぐるなびを見たとお伝えいただければ幸いです。

住所
アクセス
  • JR上越線渋川駅から関越交通桜の木行きバスで21分、暮沢下車、徒歩3分
駐車場
  • 無料
営業時間 9:00~19:30(閉店)、土曜は~15:00(閉店)、みやげ用の販売は9:00~19:30、土曜は~18:00、日曜、祝日は10:00~18:00
定休日
  • 日曜、祝日、みやげ用の販売は無休
平均予算
  • 600円(通常平均)

データ提供:昭文社

渋川・吉岡・榛東にあるスポット

渋川・吉岡・榛東には津久田駅や 伊香保グリーン牧場渋川スカイランドパーク 等、様々なスポットがあります。 また、渋川・吉岡・榛東には、「伊香保温泉」もあります。群馬県渋川市伊香保町にある『伊香保温泉』は、1576年に戦国武将である武田氏の配下の者たちが、傾斜地を利用して温泉街を作ったのがはじまりと伝えられています。湯の中の鉄分が酸化し独特の茶褐色になる「黄金(こがね)の湯」と、含有成分が微量のため無色透明の「白銀の湯」の2種類の湯を楽しめるのが特徴。温泉街の石段の両側には温泉旅館、みやげ物屋、遊技場、飲食店などが軒を連ねています。石段の途中には共同浴場「石段の湯」があります。アクセスは上越線渋川駅よりバスで約25分。上州ゆめぐり号新宿駅新南口より高速バスで約2時間30分。車の場合は、渋川伊香保インターチェンジより約9km。この渋川・吉岡・榛東にあるのが、日本料理「永井食堂」です。